商品先物CX比較ナビ
商品先物比較 << TOPページ
はじめに
 
先物取扱い業者を徹底比較
 
先物取扱い業者
 
Copy Right 2005-2015
商品先物CX比較ナビ All Rights Reserved
取引証拠金について

取引証拠金とは、商品先物取引を行う上で必要となる
担保資金のことを言います。
取引証拠金には、「取引本証拠金(本証)」、「取引追証拠金(追証)」
「取引定時増証拠金(定増)」、「取引臨時増証拠金(臨増)」
の4種類があります。

・取引本証拠金(本証)

取引本証拠金は、取引の基本となる担保金で、
その額は、商品取引所が定める「取引本証拠金基準額」を
下回らない範囲で決められています。

[参考]各商品の取引本証拠金

その金額は、実際の取引代金の約5〜10%にあたり、
これにより少ない担保での取引が可能になります。

・取引追証拠金(追証)

取引追証拠金(追証)は、相場の変動により、
最初に預託した証拠金の50%を超える含み損が発生した場合、
その目減り分を補充するため必要になる、追加の証拠金です。

追証が必要になった場合には、追証を追加預託して、取引を継続するか
ただちに建玉(商品取引所において売り買いの新規注文が成立し、未決済のもの)を
清算するかを選択する必要があります。

・取引定時増証拠金(定増)

取引定時増証拠金(定増)は、限月(決済期限)が当月のものについてのみ
必要となる証拠金です。
商品先物取引では、株取引と同様に、商品ごとに値幅制限が決まっていますが、
決済期限月を向かえると、この値幅制限が解除されます。

これにより、通常の取引よりも価格変動が大きくなるため
証拠金の追加を行う必要があります。
このとき必要となる証拠金が、取引定時増証拠金(定増)です。

・取引臨時増証拠金(臨増)

取引臨時増証拠金(臨増)とは、相場の変動が激しくなったとき、
もしくはそのおそれがあるときに
取引所の判断により、臨時に増額徴収される証拠金です。




サイトマップ 運営者情報 免責事項 FX